学術論文

基本情報

氏名 金子 嘉秀
氏名(カナ) カネコ ヨシヒデ
氏名(英語) KANEKO Yoshihide

名称

明治後期の幼稚園における中心統合主義カリキュラムの受容・実践内容に関する研究-広島女学校附属幼稚園保姆師範科生徒の保育案ノートを手がかりとして-(査読付)

単著・共著の別

単著

発表年月

2013/08

発表雑誌又は発表学会等の名称

保育学研究

概要

本論文では明治後期にあって、アメリカ合衆国での教職経験のある教育宣教師を擁し、アメリカ合衆国の幼児教育思潮を採り入れ易い立場にあった廣島女学校附属幼稚園に着目した。そして、一次史料として保姆師範科生徒の保育案ノートを用い、フレーベル主義カリキュラムの限界を乗り越える一つの方略として、中心統合主義カリキュラムが1906年頃には二カ年を通じて用いられるようになり、さらに1907年度には広島県の地域的特徴も加味されたカリキュラム構成が見られるようになった事を明らかにした。

共著者

 

掲載ページ数

p.6~16.