研究内容のキーワード

基本情報

氏名 鄭 泰應
氏名(カナ) チョン テウン
氏名(英語) JUNG Tae-eung

研究内容のキーワード

卓球(プロリーグのシステム、環境),スポーツ社会学,スポーツコーチング学

研究内容

昨今、卓球競技は、アジアとヨーロッパに二分している状況ではあるが、しかし、歴然として、アジアの方がリードしているのが実情である。
日本は、まだプロ化にはなっていないが、プロを宣言している選手や外国プロリーグに参戦している選手も多くいる。
 一方、中国では、プロ化が進んでおり、1999年から超級リーグ(スパーリーグ)が行っており、日本を含め、世界各国の選手が参加している状況である。
また、韓国ではプロ化を目指して試験的に賞金大会などが行っている。
かつては、卓球王国と言われた日本、しかし現在では中国=卓球とイメージが強いということは言うまでもない。
このような状況の中で、アジア特に中国・韓国・日本を中心に卓球における政策や環境とシステム及び賞金制度などを比較・検討しながら研究を行っている。