学術論文

基本情報

氏名 大田 崇央
氏名(カナ) オオタ タカヒサ
氏名(英語) OHTA Takahisa

名称

Relationship of Cardiorespiratory Fitness and Body Mass Index with the Incidence of Dyslipidemia among Japanese Women: A Cohort Study. (査読付)

単著・共著の別

共著

発表年月

2019/11/22

発表雑誌又は発表学会等の名称

International Journal of Environmental Research and Public Health,16(23):4647.

概要

脂質異常症は心血管疾患の危険因子の1つである。予防的観点から全身持久力が脂質異常症罹患率に与える影響について日本人女性を対象とした前向きコホート研究を実施した。参加者は927人の脂質異常症でない日本人女性で平均約10年間追跡した。追跡開始時点の全身持久力で3群に分類したところ、BMIが正常(<25)の集団に於いて全身持久力と脂質異常症罹患率の間に逆相関が見られた。この結果から、全身持久力は脂質異常症罹患率を抑制する効果はあるが、肥満(BMI≥25)においては明確な効果はないことが明らかとなった。

共著者

Takahisa Ohta, Junzo Nagashima, Hiroyuki Sasai, Naokata Ishii

掲載ページ数

4647